矯正について

矯正治療のメリット

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)など、歯並びでお悩みの方は大勢いらっしゃいます。
矯正治療で、歯並びが美しくなることはもちろんですが、その他にも、しっかり噛めるようになる、発音障害が改善される、消化器官の負担が少なくなる、バランスの良い顔立ちになる等、たくさんのメリットがあります。
また、歯磨きがしにくいことで、虫歯や歯周病になりやすかった面が改善されます。

悪い歯並びが引き起こす症状

歯ブラシが届きにくいことにより、虫歯・歯周病になりやすい。
発音に影響が出る場合がある。
食事のときに、しっかり噛めていない可能性がある。
成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、発育不足になる可能性がある。
悪い歯並びがコンプレックスになり、心理的に悪い影響を与えることがある。

歯列矯正、補綴矯正、セラミック矯正

歯並びをきれいにする方法として、歯を動かしてかみ合わせを改善する歯列矯正があります。 そして、矯正の治療は「子どもの矯正」と「大人の矯正」で大きく分かれます。

小児矯正
子どもの矯正には、あごの骨のバランス・大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯を動かす「2期治療(歯列矯正)」があります。

成人矯正/2期治療
永久歯が生えてからの治療を成人矯正(2期治療)といいます。 表側矯正、歯の裏側に装置をつける舌側矯正(裏側矯正)、取り外しのできる透明なマウスピース矯正などで治療を行います。

成人矯正/外科による矯正
顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い方は、バランスを改善するために、顎の骨を手術することがあります。 外科手術と矯正装置を合わせて治療することを「外科矯正」といいます。

補綴矯正(ほてつきょうせい)
補綴矯正とは、人工の歯を使用して、短期間で歯並びを改善する治療法です。 治療方法は、削った歯の上に形を整えたセラミックの人工歯をかぶせたり、貼りつける方法があります。 人工歯の材料名やすぐに歯並びが改善できることから「セラミック矯正」や「クイック矯正」とも呼ばれます。

ラミネートベニア
歯の表面を少し削り、その上に貝殻状のセラミックを接着させる治療です。 隙間ができてしまった前歯の修復や、狭い範囲の歯並びの改善、歯の色や形の改善のときに行います。

セラミッククラウン
削った歯の上に、セラミックの被せ物(クラウン)を取り付けて、歯並びキレイにする治療法です。歯を移動させなくて良いので、後戻りがなく、短期間で歯並びが改善できます。 人工歯の色が選べるので、理想通りの白い歯にすることができます。