歯の硬さランキング

歯の硬さランキング
歯の硬さを調べる

歯のエナメル質は、人間の体の中で最も硬い組織です。
物の硬さを量る単位として、硬さを表した「モース硬度」というものがあります。硬さの基準は「あるものでひっかいたときの傷のつきにくさ」であり、「たたいて壊れるかどうか」の堅牢さではありません。

以前は10段階で硬さを区別していましたが、現在では15段階に分けられています。

人の歯は、モース硬度だと「7」です。モース硬度7とは、水晶と同じくらいの硬さです。

身近にある傷がつきにくいものをランキング形式にしてみました。

ダイヤモンドモース硬度10(一番硬い素材です)

セラミックモース硬度9(人工歯に使われる素材です)

人の歯モース硬度7(人の骨の中で一番硬い部分です)

4位 スマホなどの液晶画面 モース硬度4~6

5位 100円玉 モース硬度5~5.5

5位 カッター、ナイフ、ハサミ モース硬度5~5.5

7位 鉄 モース硬度4~5

8位 10円玉 モース硬度3.5

9位 大理石 モース硬度3

10位 人の爪 モース硬度2~2.5

番外 鉛筆(4B) の芯 モース硬度1

※一般的なものを対象としています

歯の構造

歯はいくつもの組織から成り立っており、それぞれの組織の特徴や役割について説明します。

歯の構造
  1. エナメル質
    歯の表面で最も硬い部分です。体の中でもいちばん硬い組織で、モース硬度6~7です。
    歯に対する様々な外部刺激から、歯髄(歯の神経が通っている部分)を守るということが、最大の役割です。

  2. 象牙質
    エナメル質よりは軟らかく、骨よりは硬い組織で、モース硬度は5~6です。
    象牙質に刺激が加わると、痛みを感じます。象牙質は僅かに再生能力があり、歯髄を保護するように働きます。

  3. 歯髄
    歯の中心部に流れる神経が通っている組織です。歯の痛みを感じるのは、主にこの歯髄です。
    象牙質の形成や、歯への栄養の供給、炎症などの刺激に対する防御反応などの役割があります。

  4. セメント質
    歯根の象牙質の表面を覆っている組織で、モース硬度は4~5です。
    歯根膜と呼ばれる結合組織をつなぎとめる役割をしています。

  5. 歯根膜
    歯と歯槽骨を繋ぐという役割以外にも、「噛み応え」を感じるという役割や、歯に伝わる咬合力を調整するという役割もあります。

  6. 歯槽骨
    歯を支えている骨のことです。
    歯周病で一度吸収してしまった歯槽骨は、どんなに良い治療を行なったとしても回復が非常に困難です。

  7. 歯肉
    歯ぐきのことです。
    歯ぐきは歯槽骨を保護する役割をしています。ここに炎症を引き起こした状態を歯肉炎といいます。
歯の硬さは○○より硬かった
モース硬度 標準物質 代表的な素材
滑石  黒板に使用するチョーク
石膏  石膏ボードや建材など
2.5 象牙、純金  小判、延べ棒など
方解石、大理石  珊瑚
3.5 銅製硬貨  10円玉
蛍石、鉄  カメラや望遠鏡のレンズなど
4.5 製鉄  釘
燐灰石、ガラス  デンタルインプラントや人工骨の原料など
5.5 炭素鋼  ナイフの刃、ハサミの刃
オパール  宝飾品、装飾品など
6.5 長石、翡翠  宝飾品、装飾品など
水晶、  光ファイバー、電子部品など
7.5 鋼鉄  工業用機械、鋼製工具など
トパーズ  宝石
8.5 キャッツアイ  ボタンやネクタイピン、指輪などの装身具
鋼玉、セラミック  宝石、精密機械の軸受けなど
10 ダイアモンド  宝石、研磨材、半導体など

上の表にもあるように、人の歯は、鉄よりも硬いことがわかります。